ドライバーモニタリングシステム / インテリアセンシング

車室内向け
AI テクノロジー
ソリューション

Smart Eyeの車載ソリューションは、
ドライバーモニタリングシステム(DMS)と
インテリアセンシングアルゴリズムにおけるマーケットリーダーです


お問い合わせ

Smart Eyeのドライバーモニタリングシステム(DMS)ソリューションは、
視線検知ソフトウェアを用いることで、より安全な運転状態と同時に、更に快適なユーザーエクスペリエンス(UX)をご提案するための機能を備えています
Smart Eyeの車両インテリアアルゴリズムは、人の目、顔、頭の動きを学習することで、
乗員者の警戒レベルや注意力と集中力を読み取ることができます
現在、当社の技術は、ドイツの高級車メーカーや、
中国最大OEMメーカーの1つであるGeely(吉利汽車)等に採用されております
Smart Eyeは、高性能で信頼性の高い製品を、お客様に最適化されたコストでご提供し、
また可用性を追求し続けることで、自動車業界を牽引してまいります

「Smart Eyeは、品質、安全性、信頼性、耐久性、
供給能力に高い要件を必要とする
自動車業界において既に十分な
評価を頂いております」

– Martin Krantz(Smart Eye 創設者兼CEO)

車内における視線検知

Smart Eyeの車載ソリューションは、車両統合を目的とした
ドライバーモニタリングシステム(DMS) と
インテリアセンシングアルゴリズムにおけるマーケットリーダーです

眠気

特定の目の動きにより、ドライバーが眠気を
帯びているかどうかを判別します

乗員のモニタリング

車両に設置されたカメラは、特定の場面でエアバッグ
などの安全装置を調整するために乗員をモニタリング
することができます

注意力

運転中の携帯電話使用により、ドライバーの注意力が
散漫になることが増えています。
事故のリスクを最小限に抑えるためにも、
デジタルAIバックアップドライバーの必要性が
高まっています

音声識別

頭の動きや視線の検知を音声対話と結び付けるといった多機能型アプリケーションにおいて、
「誰が話しているのか」を特定する能力は重要です。
例えば、ドライバーからの音声による指示は、
他の同乗者の会話やラジオの音声とは区別する
必要があります

HMIインタラクション

ドライバーの視線に従うことで、情報システムから
一部を拡大したり、エンターテイメントシステムの
音量を調整することができます
また、ドライバーがミラーに視線を送ることで、
リアワイパーを動かすことも可能です

警告システムのさらなる強化

ドライバーの視線の方向と注意力レベルに関する
情報を、前方カメラやレーダーシステムから得た
データと結び付けることで、不必要な警告を
抑制するなど、ドライバーへの警告をより
効果的にします

個人識別

視線検知システムは、運転席の人物を識別し、
座席やミラーの位置、プレイリストの
設定などを適切に調整します

フルAI搭載システム

人工知能は、頭の動きや視線の検知、
インテリアセンシングシステムを
さまざまな方法でより強化することが可能です
当社のAI搭載システムにより、埋込型アルゴリズムの
パフォーマンスの改善が可能です。
また、より新規でより複雑なユーザー機能を学習し、
開発のためにも、AIを最大限に活用できます

カスタマイズ可能な
ソリューション

スマート・アイのソリューションは、自動車業界の様々なニーズを満たすために、可能な限りの拡張性をもって設計されています
このため、当社ソフトウェアは競合他社より多くの機能を提供します
また、同じ理由から、より効率的にお客様のシステムと統合するためにも、
高度なプロセッサとインフラを利用できるように、ハードウェアにとらわれない
プラットフォームを開発しております
当社のモジュラードライバーモニタリングシステムをご利用く事で、
ご要望に応じたローカル、周辺、セントラルプロセッサ処理を
選択することができます

未来の安全性と利便性を実現

私たちSmart Eyeチームには、常に新しい分野を開拓したいというDNAが
組み込まれています
現在、NVIDIA、NXP、Volvo 、Neonode、OmniVision、Osramなどの
パートナーと共同研究をしながら、次世代の視線検知技術の開発に懸命に
取り組んでいます

新しい「キャビンセンサリング」(車内状態検知)機能には、
乗員の位置やシートベルトの状態、忘れ物の検出だけではなく、
深層学習するAIや、喜怒哀楽の状況やストレスの有無等の感情認識など、
多様な機能を実現します

そのため、常にきちんと覚醒し、運転できる状態のあるドライバーであることを
確認した上で、車両の制御を移すことになるのです
急病や事故などの緊急時には助けを求めたり、
その瞬間に適した最高の音楽をかけることもできます。

数十年に及ぶ研究の
成果を5分で利用可能に

設計開始から市場投入までの時間を最小限に抑えるため、当社の専門サービスが、生産チェーンにおける車載ソリューションの評価・統合を支援します
DMSソリューションアーキテクトからDMSプロダクトデザイナー
まで、お客様のご要望に応じて必要なサポートをすべて提供します。
通常、以下のパッケージに分かれています

  1. 評価キット: 当社の技術を把握頂くために、評価キットを準備しております。この評価キットは、運転時に車両に差し込んでご使用頂く形のモバイルソリューションで、ハードウェアとソフトウェアが一体型となっております
    さらに、お客様の事業所におけるインストールや
    トレーニングといったサービスも多数ご提供しております
  2. 量産プログラム: スムーズな統合を実現するため、
    生産チェーンにおいてDMSを搭載頂くための
    サポートやサービスもご提供しております
    当社のコンサルタントは、ソリューション搭載に向けて、
    リファレンスプラットフォームの設置だけでなく、生産能力、
    コスト、物流の最適化を目指し、
    ソフトウェアからフルハードウェアシステムに至るまで、
    さまざまなサポートをいたします

より安全な車両を
目指して

ユーロNCAPは、最も重要な自動車安全評価システムとされています
ユーロNCAPの2025年のロードマップでは、「安全性」の評価項目において満点を取るためには、
ドライバーモニタリングシステムの設置が
主要安全技術とされます

安全でクリーンなコネクテッドモビリティを目指す欧州委員会(EC)のイニシアチブ「Europe on the Move」では、すべての新型車により高度な安全機能装備を
課すべきという具体的な提案が含まれています
この提案によれば、今後販売されるすべての新車
(乗用車、小型トラック、バス、大型トラック)は、
ドライバーの眠気や注意の散漫さを検知する機能を、
製造段階で装備することが求めれます

国連貿易開発会議では、報告書「持続可能な開発のための2030アジェンダを支持する考慮事項」に定めた5つの柱に従うことを各国に求めています
この柱のひとつは、より安全な車両を担保するために、改良された車両安全技術を広く世界で展開することを
求めています

お問い合わせ

当社の車載ソリューションの仕組みについてより詳しく知りたい方は、
ぜひお問い合わせください。お客様の事業所もしくは
当社の世界中の拠点において、デモンストレーションを行います